初節句のお返しに迷ったら|ギフトカタログをチェック

大好きな方へ贈り物

大好きなおじいちゃん、おばあちゃんに敬老の日にはプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。フラワーアレンジメントや湯のみなどお孫さんからプレゼントされたらきっと喜んでくださることでしょう。カタログや通販などを利用すれば便利です。

鳩と花

お祝いのメッセージ送付

お祝いの気持ちを表す方法として、電報を贈るということがある。電報では、業者により受付から送付までの時間が異なったり、選べる台紙の種類がことなるなどある。また、花やぬいぐるみなどを一緒につけられるサービスなどもある。

初めての節句だから

子供

喜んでもらえるものを贈る

子供が産まれて初めての節句を初節句といいます。男の子なら5月5日、女の子なら3月3日が初節句といわれます。初節句には子供の祖父母らを呼んでお祝いをする家庭が多く、お祝いの席に呼ばないとしても親戚などからもお祝いを貰うことが多いものです。子供のお祝いのお返しに何を贈れば良いのかを考えるのは親の役目です。折角頂いたお祝いへのお返しですから、喜んでもらえるものを選びたい物です。初節句のお返しは、頂いたお祝いの半額〜3分の1程度の金額のものを贈るのが一般的です。子供の祖父母はお祝いの席に招いた場合には特に必要ないとも言われていますが、高額のお祝いを貰ってお返しをしたいという場合には、子どもの写真を入れたフォトフレームなどを贈るのもおすすめです。また、親戚などからお祝いを頂いたけれどお祝いの席に招くことができなかった場合には、お祝いを行った日から1週間程度のうちにお返しを贈るようにしましょう。よく選ばれるのがお菓子類です。子供の名前を入れたカステラなども人気ですが、人によっては「名前が入ったものを切るのはちょっと可哀想」と感じてしまう人もいるといわれていますので、のしに名前だけ入れるという方法の方が無難だといえます。また、贈るお菓子は日持ちをするものを選ぶようにしましょう。すべての人が貰ってすぐに食べるというわけではありませんので、生菓子は避ける方が良いでしょう。他にも商品券やギフトカタログ、タオルなどを選ぶことが多くなっています。

プレゼント

新築祝いをいただいたら

新築祝いをいただいたら1、2ヶ月以内には新築内祝いを贈るのが一般的です。その人の趣味や好みにあわせた贈り物をするのが一番よいのですが、相手の好みがよくわからない場合には新築内祝いにはカタログギフト適しています。